2020/4/24 13:00

MタメBANG!

Q.本作に出演を決めた理由は何ですか?

◇ユン・シユンさん◇
まず台本がとても面白かったんです。普段は役を決める時、僕の中にある姿をたくさん発見するんです。
今回、社内で周りから「まさにお前がピッタリだ」とシノプシスをくれました。だからどれほどかっこいいキャラクターなんだろうと読んでみたら、とんでもない人物で。多くの方々から、ユク・ドンシクというキャラクターと似ていると言われて、一度挑戦したかったんです。

◆パク・ソンフンさん◆
僕もシユンさんがおっしゃったように、台本がとても面白くて、僕がこの作品のちょっと前に悪役を演じたのですが、彼とはまた違う目新しい悪役ができるのではないかと思ったからです。ドンシクの錯覚によって、ドラマが全体的に進んでいきますが、イヌとドンシクの関係からも面白い化学反応が起こりそうでこの作品への出演を決めました。


Q.役づくりのためにどんな準備をされたんですか?

◇ユン・シユンさん◇
僕は、劇中ドンシクと似た趣味だとかそういったマインドを持つことがすごく重要でした。なぜならそういう人として、勘違いをしなければならないんですよ。ドンシクが真剣であればあるほどコメディが成立しなければならない。例えば、言葉通り、有名で、ドンシクのようなスリラーの作品があります。そういうものも多く見ながら真似しようとしたり…そういった姿勢が重要なのではないかと思います。

◆パク・ソンフンさん◆
僕が劇中で左手で字を左右反転させて書くんですね。それは小道具チームが準備することもできますし、ある代役を使うこともできたでしょうが、自分で書くように、とおっしゃったんです。それで、2、3ヶ月間一生懸命練習して私自身が書いたんです。そこにも念を入れましたし、外形的な姿からはヘアスタイルやなるべく完璧なすっきりした姿を見せるために努力しました。

Q.劇中ではユン・シユンさんとパク・ソンフンさんのブロマンスが注目されましたが、共演者のみなさんやスタッフのなど撮影現場の雰囲気はいかがでしたか?

◇ユン・シユンさん◇
うーん...良かったと嘘をつかなきゃいけないですよね。

◆パク・ソンフンさん◆
そうだったことにしよう。終わったからにはいい風にしておかないと…(笑)。

◇ユン・シユンさん◇
僕たち、いつも現場の雰囲気が良いと言うじゃないですか。 実際にみんな愉快です。 そしていたずら好きが多くて、これがただ良かったと表現するのが難しいのが、みんなフルショットではアドリブを一つずつ入れて、元々(尺が)3分なのに約10分になってしまっています。 でも問題は、自分の演技をする時、 すごく上手なんですよ。 ですから、その状況のコメディに僕たちが巻き込まれて一緒に笑ってしまって自分たちのペースを失ってしまうと、シーンが壊れてしまうことが多いんです。 雰囲気は良かったですし、とても楽しかったですが、その分、ちょっと難しい現場だったとも思います。 みんなそれぞれのシーンをとってもよく消化していました。

◆パク・ソンフンさん◆
雰囲気が、すごく楽で 愉快だったのは事実だと思います。 でも、それは監督が少し角張った俳優たちを除いて、相性がよく合うような俳優たちをキャスティングしてくださったからではないかと思います。 僕は正直、初めの方の撮影では少しプレッシャーと心配がありました。ドンシクが主人公ですが、リードしなければならない人物はイヌだったので、僕が崩れたら全体が揺らぐような気がして、ちょっと心配だったんです。 それで、僕は最初、余裕がなかったんですが、シユンさんが様々な作品で主人公をした経験があったからか、僕よりは余裕があって周りの同僚やスタッフたちに気を使ってくれたんです。 初回を一緒に見ることにしたんですが、それを見る場所や飲食もすべてシユンさんが用意してくれて、感動しました。 主人公がよくリードしてくれるから、チーム全体の雰囲気が良かったんじゃないかな、と思いますね。

◇ユン・シユンさん◇
お兄さん(ソンフンさん)もそうだと思いますが、現場(の仲間)って考えてみると3、4ヶ月という間の家族であり、兄弟なんですよ。家族よりもっと長い時間を一緒に過ごすじゃないですか。 気の合う人たちとそうやって3、4ヶ月一緒にできるということは幸せなことですし、逆に本当に合わない人たちと一緒にすることってものすごく苦労するんですよ。 この縁がとても大切で、ありがたいということを知っているので、 その時間を目一杯楽しまなければなりません。 いくら親しくても、実際(撮影が)終わるとみんな忙しいから会えない。だからこの時間こそ本当に同じ目標を持って一緒に楽しむことができるじゃないですか。

Q.ご自身が演じていて特に印象に残っているシーンをおしえてください。

◇ユン・シユンさん◇
ドンシクが勘違し続けているシーンですね。私が初めて左右逆の字ということに気づいて、ダ・ヴィンチ・コードでこのキーワードを知って上機嫌でいざ鏡で見てみたものの、異常なことが書かれていることを知った時。この場面がとても面白かったです。 非常にこのドラマのアイデンティティであり、ドンシクのアイデンティティが現れた場面だと思います。

◆パク・ソンフンさん◆
僕は個人的に4話エンディングだった、ドンシクが自身をサイコパスだと勘違いして、イヌもドンシクがそういう奴だと勘違いをしている状況で、ダイアリーを落として、その場面で終わったエンディングシーンがありましたが、台本を読んだ時もそのシーンが一番期待されましたし、もともと台本がちょうどそこまで書かれていましたよね。 それでその次の内容がすごく楽しみでしたし、放送でも、すごく反応も良くて、結果も良かったようなので。

インタビューの後編は近日公開予定です。お楽しみに!

「サイコパス ダイアリー(原題)」
Mnetにて5月3日(日)16:00~17:30 1話先行放送! 5月18日(月)22:00 スタート!

© Mnet Japan / Photo by Kim Daun(STUDIO DAUN)

タグ
サイコパス ダイアリー(原題)
ユン・シユン
パク・ソンフン
最新ニュース
会場から生中継!『Mnet Japan Winter Party』初日の授賞式「2022 Mnet Japan Fan’s Choice Awards」豪華パネラー陣、出演アーティスト 第1弾を発表! ドランクドラゴン塚地武雅、トレンディエンジェル斎藤司藤原倫己、吉原雅斗(BOYS AND MEN)がパネラーで出演‼ゲストアーティストには8LOOMが登場‼パフォーマンスを生披露!
韓国No.1のMZアイコンは誰だ!? MZ世代のインフルエンサーたちによるセルフプロモーションサバイバル!「 Mad Zenius 」2023年1月12日より日本初放送・初配信がスタート! さらに!2023年はMZ世代に特化した番組を毎日深夜0:00からお届けします!
『2022 MAMA AWARDS』国境、人種、世代を超えてK-POPで一つになった祭典の場所!挑戦、情熱、夢が込められた最高のステージ、アーティストとファンがK-POPでつながった瞬間! 「世界最大級のK-POP授賞式」でグローバル唯一無二のK-POP授賞式が確立
『2022 MAMA AWARDS』 「Yogibo Worldwide Icon of the Year」はBTSが受賞! 新人ガールズグループのコラボレーション、カン・ダニエル×スメンパクルーの 大迫力ステージからガールズグループのレジェンドKARAのスペシャルステージまで 約3年ぶりのオフライン開催で京セラドーム大阪は大熱狂!
『2022 MAMA AWARDS』BTS j-hopeから新人ガールズグループのコラボレーションまで!得意とする“アイコニックなステージ”の全貌が明らかに! "最初から最後までj-hopeが手掛ける"j-hopeのソロステージ/IVE·Kep1er·NMIXX·LE SSERAFIM·NewJeansがデビュー曲からカバーまで多彩なステージを予告
古家正亨&矢吹奈子がMCに決定!『Mnet Japan Winter Party』初日の授賞式 「2022 Mnet Japan Fan’s Choice Awards」 会場から生中継でお届け!アワード投票と観覧で2度楽しもう‼ 今年の受賞者を決める投票は本日よりスタート! 授賞式には抽選で200名様を無料でご招待‼
ユン・ウネ、ヒョジョン(OH MY GIRL)など 豪華芸能人がキリマンジャロの登頂に挑む、登山バラエティ! 「 人生一度はキリマンジャロ! 」 2023年1月8日より日本初放送・初配信がスタート!
スタジオドラゴン制作のメディカルラブコメディ“時代劇”がついに日本上陸! 鍼が打てない天才医師の主人公に心の脈を掴まれた韓国視聴者が続出中‼ 『 朝鮮精神科医ユ・セプン(原題) 』 2023年1月14日よりMnet初放送・Mnet Smart+初配信が決定! 1月1日8:00からは第1話を無料放送いたします!
『2022 MAMA AWARDS』プレゼンター決定!キム·ヨナ、ファン·ジョンミン、チョン·ウソン、パク·セリ、クァク·ユンギ、 日本からは今田美桜、坂口健太郎の出演が確定! “K-POPのDNA”を持つ俳優 アン·ソヒ、ファン·ミンヒョン、イム·シワン、ハン·ソナらグローバルスターがプレゼンターとして登場!
『Mnet Japan Winter Party』本日24日よりTO1、DRIPPIN、JO YURI(チョ・ユリ)の来日イベントチケットの先行受付がスタート! 12/19~12/22開催!Mnet Japanがお届けする年末ファンイベント! このイベントでしか手に入らないグッズもお見逃しなく‼
トップへ