2019年 8月23日(金)21:30スタート!
日本初
キム・ジェウク&パク・ミニョン共演作! クールで無情なイケメン画家と“隠れオタク”女子が繰り広げる大人の胸キュンラブコメディ!
本放送
(金)(土)21:30~22:45 (※#1、#2のみ~23:00)
再放送
(土)(日)6:00~7:15(※#1、#2のみ~7:30)
(月)(火)深1:15~2:30(※#1、#2のみ~2:45)
(金)16:00~18:30(2話連続放送)(※#1、#2のみ~19:00)
2019年 tvN / 全16回 / 各75分(#1、#2のみ90分) / 字幕放送
© STUDIO DRAGON CORPORATION
この番組のお気に入り度を教えてください!
  • 最高!
  • 面白い
  • ふつう
  • いまいち
  • きらい
評価 (101)
番組紹介
「客:The Guest(原題)」「愛の温度」などに出演し演技の幅を広げているキム・ジェウクが本作でラブコメに挑戦!
「キム秘書はいったい、なぜ?」でラブコメの女王に躍り出たパク・ミニョンとの恋の駆け引きに注目!

気難しい性格だが繊細な一面を持つイケメン画家ライアン・ゴールドを演じるのは、ロマンスからスリラーまでジャンルを問わず活躍中のキム・ジェウク。
イケメン画家とロマンスを繰り広げるヒロインを「キム秘書はいったい、なぜ?」「七日の王妃」など数々の名作に出演するパク・ミニョンが熱演。職場ではキャリアウーマン、プライベートではアイドルの追っかけをしている“隠れオタク”のソン・ドクミを演じる。
悪縁から始まった2人の恋の行方は?ドクミの私生活はバレてしまうのか…?
大人の胸キュンラブコメディをお楽しみに!


【制作】
演出:ホン・ジョンチャン  脚本:キム・ヘヨン

【出演者】
キム・ジェウク、パク・ミニョン、チョン・ジェウォン(ONE) 、アン・ボヒョンほか


【キム・ジェウク 関連番組】
 ①(#60):8月16日(金)21:30~22:45、17日(土)6:00~7:15
 ②(#61):8月17日(土)21:30~22:45、18日(日)6:00~7:15

【パク・ミニョン 関連番組】
 ①(#4):8月2日(金)23:00~深0:15、5日(月)10:30~11:45
 ②(#5):8月2日(金)深0:15~1:30、7日(水)14:30~15:45
 ③(#6):8月9日(金)23:00~深0:15、12日(月)10:30~11:45
 ④(#7):8月9日(金)深0:15~1:30、14日(水)14:30~15:45

あらすじ
ソン・ドクミ(パク・ミニョン)は仕事中毒と言われるほど完璧に仕事をこなす美術館のキュレーター。
しかし、プライベートでは熱狂的なアイドルオタクで仕事を終えるとカメラを片手にオタク活動に励んでいる。
ある日、上司のオム・ソヘ館長(キム・ソニョン)の裏金問題が発覚し、美術館に新しい館長が就任することが決まる。
それは海外の競売場で最悪の出会い方をしたライアン・ゴールド(キム・ジェウク)だった。
登場人物
ソン・ドクミ(パク・ミニョン)
アイドルオタク、チェウム美術館のキュレーター、33歳。

職場ではアイドルオタクという事実を隠し、キュレーターとして完璧に仕事をこなす。
編み物オタクの母、石オタクの父のDNAを受け継いたドクミのオタク活動は小学校の頃から始まり、現在は最愛のアイドル、チャ・シアンのファンサイトの管理人として活躍している。
ある日、空港でシアンの出待ちをしていたドクミはライアンと接触してしまい…。
ライアン・ゴールド(キム・ジェウク)
画家、天才アートディレクター、チェウム美術館の新館長、33歳。

彫刻のような美貌で、美術館に展示して鑑賞したい芸術作品のような男。
画家として活躍していたが、ある絵画を目にしてから一切絵が描けなくなってしまう。
そんな中、美術館の新館長を務めることになり韓国にやってくる。
一見冷たく見えるが、弱い立場の人には誰よりも温かく接する独特の二重性を持っている。
絵の競売場で出会ったドクミとは悪縁だと思っていたが、次第にドクミの温かさに触れていき…。
チャ・シアン(チョン・ジェウォン/ONE)
ドクミの最愛のアイドル、23歳。

人気アイドルグループ“ホワイトオーシャン”のメンバー。
画家である母親の影響で言葉より絵を先に習い始めた。
控え室や移動時間にはタブレットで、余裕があるときは家でキャンバスに絵を描く。その実力は単なる趣味に収まらない。
チェウム美術館で展示をすることになり、ドクミ&ライアンと出会う。
ナム・ウンギ(アン・ボヒョン)
ドクミの幼なじみ、33歳。

鍛え上げられた体に、少年らしいまなざしを持つギャップのある男。
ドクミとは双子のように一つ屋根の下で育ち、今でもドクミの家に入り浸っている。ドクミのオタク歴史をすべて知り尽くしている。
ドクミを一途に想い続け、オタク活動にも目をつぶることができたが、その対象が現実の中の男であることは耐えられない…!?
コメント
  • コメント
  • 0
トップへ