2020/12/11 13:00

MタメBANG!

1、 「悪の花(原題)」で演じたペク・ヒソンの役について簡単にご紹介をお願いいたします。

はい、色々なメディアを通してご存じかもしれませんが、自分自身の残酷な過去を隠し、14年間身分を変えて、自分の人生を探そうと新しい家庭を築き、愛する妻さえ騙して生きていく愛さえ演じる男、ペク・ヒソンとして生きていくト・ヒョンス役です。16話の間、緊張感やスリルなど、ト・ヒョンスのストーリーを見ながら皆さんもありとあらゆる感情が生まれるのではないかと思いますし、そういうところに重きを置いて演じました。


2 、「悪の花(原題)」に出演を決めた理由は?

簡単には決められませんでしたね。僕には合わない人物なのではないか?、その人物の物語を描くにあたって、僕の人生や俳優としてのキャリアを考えた時に、まだこういう深い演技をするには若すぎるのでなないか?(笑) という気持ちもあって、かなり悩みましたし、負担も大き かったです。もちろん監督と制作陣が提案をしてくださったのですが、本当に悩みましたね。ただ、多くの方々が説得してくださいました。新たな挑戦ですし、俳優人生において、また違った転換点になるでしょうし。また、ムン・チェウォンさんも、応援の気持ちを込めた提案をしてくれました。ト・ヒョンスというキャラクターは、ドラマの中心となる役どころで、難しいだろうけれど、イ・ジュンギだからこそ可能であり、俳優としての幅も広げられる機会ではないかと。周りの多くの方々がそのような話をしてくださるので、そういった部分でとても悩み、台本も何度も見て長い間勉強しました。そうしている中で、非常に独特な作品でもあり、スリラーと恋愛の2つの価値観がぶつかるところのあるとても不思議な作品だと思い、これは挑戦だ、もっと成長できる、と。俳優としてのキャリアに挑戦したということだと思います。選択というよりは挑戦でした。

3 、ご自身が演じていて特に印象に残っているシーンやセリフを教えて下さい。

そうですね… 1つ1つのシーンが容易ではなく、後のストーリーにつながっていくので… ある特定のシーンを選ぶのはとても難しいですね。 毎回、良いシーンがあったんです。 どれもト·ヒョンスの人生を辿るうえで必要なシーンなので。それでも選ぶのなら…何も感じられないト·ヒョンスの感情が初めて解き放たれる場面ですかね。劇的な状況に追い込まれた時の、自分が一番大切に思っているものを失いたくないという切実さから出る感情の解放といいますか、そういったものをどう表現すればいいかたくさん悩みました。一歩間違えれば説得力を失うかもしれないなと。視聴者の方が、見ていてト・ヒョンスの感情と状況にずっとついてきたはずなのに、急に感情が解放されていく感じを受けるような。すべての関係性が崩壊して、バランスが崩れていって、ト・ヒョンスすらも描いていたものが崩れるかもしれない。そういった意味で、ヒョンスがジウォンの前で初めて号泣するシーンはすごく難しくて、多くの視聴者の方々が一緒に悲しんで切ない気持ちで見てくださるシーンだったと思います。ジウォンの前で、ヒョンスのすべての感情が吐き出されるシーンなのですが、そのシーンがあったからこそ、ジウォンが再びト・ヒョンスに対して、自分が愛する夫への信頼を築けるようになります。リハーサルから大変で、修正に修正を重ねて、監督もアイディアを出し続けてくださり、僕も準備してきたものを元に話し合い、たくさん悩んだシーンでした。ありがたいことに、視聴者の方々が切ない気持ちで見てくださったようなので、印象に残っていますね。


4 、本作では、キャラクターの持つ二面性を繊細に演じ分けていらっしゃいました。イ・ジュンギさんは自分の中に二面性があると感じることはありますか? 例えばそれはどんな面ですか?

二面性は誰もが皆もっている部分だと思います。自分を隠して、むしろ世間に自分の姿がどう映るのか常に考えながら生きていく人生じゃないですか?この時代は。皆たぶんそうやって隠しながら生きていくと思うけれど… やはり僕にも二面性はあるでしょう。外から見るよりも、注意深く消極的で、ある時には計算高く、自分だけの考えを持って生きていると思いますし、本来のイ・ジュンギに戻った時にはかなりディープな部分があると思います。 最近歳をとるにつれて感じるのは、どうすればバランスをとって生きていけるのか?ということ。全ての人の悩みではないでしょうか。多くの人がト・ヒョンスのように演技しながら生きていくように思います。考えてみれば自分のすべての感情を表に出して生きてはいけない時代じゃないですか?

インタビューの後編は近日公開予定です。お楽しみに!

「悪の花(原題)」
2021年1月3日(日) 1 話先行放送 / 1月18日(月)22:00~ 放送スタート 毎週:(月)(火)22:00~
【出演者】イ・ジュンギ、ムン・チェウォン、チャン・ヒジン、ソ・ヒョヌ、ナム・ギエ、ソン・ジョンハク、キム・ジフン ほか
☆Mnet Smart では本放送後 7 日間見逃し配信で視聴可能☆

タグ
悪の花(原題)
イ・ジュンギ
最新ニュース
いま注目度No.1のENHYPENのカムバックスペシャル番組!「ENHYPEN COMEBACK SHOW ‘CARNIVAL’ 字幕版」6月17日21:30~日本初放送!
『 KCON:TACT 4 U 』  BTOB、Golden Child、HIGHLIGHT、iKON ONEUS、ONF、SF9、Weki Mekiの出演が決定!6月19日(土)~27日(日)  YouTubeにて開催!
『 KCON:TACT 4U 』 6月19日(土)~27日(日)  KCON OfficialおよびMnet K-POPの YouTubeチャンネルにて開催決定! さらに臨場感アップ!KCON開催地へ向かうワールドツアーを体験しよう!
TO1 × EPEXの新概念ヒーリングリアリティ!「 welcome 2 HOUSE 」6月17日 20:00~ 日本初放送スタート!
K-POP界を代表するボーイズグループ6組による競演を完全字幕版でお届け!「 KINGDOM : LEGENDARY WAR 字幕版 」6月5日 23:00~ 日本初放送スタート!
イ・ソジン&イ・ジュヨンほか豪華共演のタイムワープ政治ミステリー『TIMES(原題)』7月 日本初放送決定!
6月13日に韓国デビュー8周年を迎えるワールドスターBTSを大特集!『 BTSデビュー8周年記念SP♡6.13 BTS Birthday~I Purple U~ 』
個性溢れる10代ラッパーが登場!人気HIPHOPサバイバルプログラム第3弾!「 高等ラッパー 3 」6月21日23:30~ 日本初放送スタート!
体が触れた瞬間、恋が始まる!ダンサーたちのリアル恋愛バラエティ!「 サムバディ 」6月25日17:00~ 日本初放送スタート!
BTSやBLACKPINKなど、2020年のトレンドを牽引した10組の特別ドキュメンタリー!「 Next Entertainment Visionary 」6月23日、6月30日 日本初放送決定!
トップへ