2013/1/24 18:13

MタメBANG!


インタビュー①から続く

―アルバムの全5曲『One Kiss』『Mine』『僕だけの癒し』『僕の中いっぱいに』『All Alone』を直接作詞した。歌詞に愛の話や恋愛する時の感情も込められているが本人の話なのか。

「別れた恋人を懐かしく恋しがる内容の『僕だけの癒し』は実話だ(笑)東方神起時代から作詞してきた曲に恋愛の話を盛り込んだんだが、すでにファンたちは僕の話を歌詞にしたことを知っている。愛があってこそ愛の話を書けるんじゃないかな(笑)、もちろん映画を観て書いたりもするけれど」

―そういう歌詞のように最近恋人と別れたのか。いつが最後の恋愛か。

「この質問には答えません(笑)」

―『Mine』の歌詞は愛の話ではない、何か強烈なメッセージが込められているようだ。含みがあるようでもあり。

『One Kiss』を聞いた時、幼稚な愛の話より象徴的な愛のメッセージを込めなければというイメージが湧いたように『Mine』も同じだ。サウンドだけ聞いた時ハードコアロックだったので「君を愛してる」的な甘い歌詞は似合わなかった。歌詞に出てくる痛みは僕が経験した痛みを描いたのであるし、愛も僕が経験した話だ。『Mine』も僕の領域に対する自信、疾走も僕の経験から出たものだ」

―今年デビュー10年目だ。10年目だとどんな時思うか

「最近、デビューしてから今まで歌った曲を聞いてみたんだが、130曲~140曲ほどあった。それをみて「僕が10年目なんだな、一生懸命頑張ったな」と思った」

―10年前の音楽と今の音楽スタイルに変化が大きいようだが

「恥ずかしい(笑)僕は今も僕が幼いと思っています。気持ちもそうだし、容姿もそうで本当に幼いと思う。まだ幼いと思っていて、もっと幼かった時に活動していた映像を見ると「あの時がもっと幼かったな」と思う。実は今より4年、5年前までは大人だと思っていたのに(笑)」

―以前にはCD発表すれば上位圏に入ったが国内オンラインチャートでは以前のような成績ではないようだ。

「音源成績よりはCDにもっと多くの神経を使う。もちろん上位圏に上がればいいし、特に僕らが番組に出られないからビデオじゃなくてもオーディオだけでも多くの人たちが接してくれたらいいんだけど...僕らだけでなく普通音楽をする人たちがオーディオで聞かせるだけではない、見せてあげる機会も少ないようだ」


―音源成績と関連してする質問だが、最近お笑い芸人のアルバム販売やMBC『無限に挑戦』の音源チャート独占が論争になった。

「これに対して論争はあるが、誰が誰になんだと言える事じゃないんじゃないか。バラエティー番組で披露した音楽だからと真面目な気持ちで作ったのに「なんだ、これ」という反応をする人々がいる。しかし世界中どこでも有名人が歌えばチャートの上位圏に上がるものだ。日本ではお笑い芸人だけでなく、5歳の子供の歌が1位になる。韓国最高の有名人たちが歌う歌だから当然の結果だと思う」

―1月26日と27日京畿道(キョンギド)高陽(コヤン)市キンテックスで公演をする。3部で構成され、ミニコンサートとファンミーティングを結合させた新たな試みだと言うが。

「僕を表現できるイベント、ファンたちが僕に期待することを一緒にできるイベント、小規模ライブで構成する予定だ。3つのパートをひとつのステージに縮小させ、お見せしようという趣旨で作られたイベントであり公演です。コンサートを開いてファンたちと共感し交流できる場所を作りたかったが、歌を歌うとなると意図と違って交流じゃない一方的にお見せする空間になる。しかし今回はファンが参加するパーティーもあるし、リクエスト曲も受ける。ファンたちがステージに上がって一緒にゲーム出来る時間も用意されている」


―2013年今年の計画は。

「まず決まっているのはJYJがCDを出す。ワールドツアーもしなければいけない時期のようだ。またうまく時期が合えば演技もしたい。やりたいことが本当に多い」

―メンバージュンスのようにソロでワールドツアーをする考えはないのか

「実はやりたい気持ちは大きいんだけど、曲数も足りないし、今1人でワールドツアーコンサートするには無理だ。だからジュンスが羨ましかった。ソロ歌手でもないし、グループのメンバーが1人でワールドツアーを終えて来られるというのはすごい事だ」

―初のソロアルバムも販売し、今幸せだと感じるか。

「ものすごく幸せだがまたそうとはいかない瞬間も多い。人にたくさん会う作業なのでそうみたいだ。誰も行かなかった生き方を生きているが、誰も経験しない事を経験しなくてはならない。だけど結論は幸せだ(笑)」

写真提供=C-JeSエンターテインメント

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved.

タグ
ジェジュン(JYJ)
JYJ
関連記事
JYJキム・ジェジュンが初のソロアルバムで正統派ロックに挑戦
JYJキム・ジェジュン、ユニークなストレス解消方法を公開
ホン・ソクチョン、ジェジュンのバースデーパーティー写真公開『驚く人脈を誇示』
ジェジュン「JYJの番組出演制約...とても残念だ」
ジェジュン「アイドル出身がロックをするという偏見...怖かった」① [インタビュー]
ジェジュン
最新ニュース
緊急特別編成!10/26~11/1 は「TXT カムバックスペシャル Week」「TOMORROW X TOGETHER Comeback Show Blue Hour」10月26日19:00~ 日韓同時放送!さらに!カムバック当日の26日は4時間連続で歴代TXTのカムバックショーをオンエア!
CJ ENM × 韓国コンテンツ振興院 共同開催! 始まったばかりのKカルチャーフェスティバル『 KCON:TACT season 2 』開始3日間で200万人の観客が視聴!
イ・ミンヒョク 2nd FANMEETING オンライン開催決定!11月21日(土)
歌唱力と戦略で賞金を勝ち取れ!新概念ボーカルベッティングショー!「ALL IN」12月16日 日本初放送決定!
ヒットメイカー ナ・ヨンソク PD の人気バラエティ待望の新シーズン!「新西遊記 8」12月15日 日本初放送決定!
ハン・イェリ、キム・ジソクほか出演!家族とは何かを問う感動作!「(知っていることはあまりないけれど) 家族です(原題)」12月18日 日本初放送決定!
過去10年の K-POP シーンであなたがもう一度見たいMVは?2010-2020 K-POP 総決算もう一度見たい歴代MV本日リクエスト受付開始!人気のMVは年末にオンエア!
V&ジョングク(BTS)、俳優ナム・ジュヒョクら出演!イケメン同士のデートに密着!「イケメンブロマンス」12月12日 日本初放送決定!
全世界が注目するアイドルグループSuperMのウィッシュリストを詰め込んだ単独バラエティ!「SuperMのウィッシュリスト」12月24日 日本初放送決定!
次世代グローバルグループ”NCT” 初のMnet冠番組を緊急日韓同時放送! 「NCT WORLD 2.0」 10月15日19:50~ 日韓同時放送!
トップへ